男性目線日記

アラフォー男性が書く備忘録

車売却 プリウスα編

この記事は、2018年(平成30年)6月の出来事です。

 

現在の相場とはかけ離れていますので、そのあたりを考慮して下さい。

 

前回、車の売却時、一括査定サイトを利用して買い取り業者に売ったほうが高かったので今回もその方法で売却した。

 

売却した車の詳細

  • TOYOTA プリウスα
  • グレード Sツーリング(FF)
  • 色 ホワイトパール
  • 2013年式(平成25年)(6月)
  • 付属オプション ナビ・ETC
  • 売却時走行距離 46xxx km
  • 修復歴無し
  • 内装 年式相応
  • 外装 修復歴にならない補修やキズがある
  • 車検 2018年(平成30年)6月
  • 履歴 2017年(平成29年)3月に中古車で購入

 

売却時期

  • 2018年6月(平成30年)

 

売却理由

  • 夫婦で1台ずつ車を保有していたが、2人で1台でもやっていけるのと、経費削減も相まって売却

 

売却方法

  • 車売却一括査定サイトを通じて、同日同時刻に5社を自宅に呼んで、一番高い会社に即日引き渡し

 

売却価格の算出方法

  • まず、査定に来て頂いた5社の担当者(各社1名ずつ)が車の状態と書類の確認をして、会社に電話して買い取り価格を決め、各々が名刺の裏に金額を書いて、一斉に出す。そこで一番高い金額を提示した会社に売却する方法(前回もこの方法でやったので、今回も同じ方法で各社にお願いしました)

 

結果

f:id:incident4:20191109211449j:imagef:id:incident4:20191109211516j:image

  1. 〇〇ポスさん        1,270,000 
  2. 〇〇ステージさん   1,256,000
  3. 〇〇チスさん           1,226,000
  4. 〇〇Cさん                 1,166,000 
  5. 〇〇GMOTORさん   730,000
  • 〇〇ポスさんと売買契約書をかわし、売却しました。前回と違い、手数料等の支払いは無し。事前に、私に入金できる額を提示するようにお願いしたからかな?それとも、前回の会社だけ特別なのかな。
  • 〇〇GMOTORさんだけ、明らかに安い理由は、一部補修している箇所を事故車扱いになると勘違いしてたとの事でした。この担当者は、査定中に一番私にいろいろ言ってきた人なんですけど…。


f:id:incident4:20191109211546j:image

総括

  • 開始から終了まで3時間弱かかりました。一番時間がかかったのは、大手買い取り会社は本部へ連絡して買い取り価格が決まる仕組みのようで、本部からの回答に時間がかかるようでした。
  • 買い取り業者の担当者どうしは顔見知りの場合も多いようです。
  • 当日に引き渡す場合、書類・入金口座・印鑑を準備しておく。
  • 社内の私物はすべて事前に回収しておく。
  • 入念に洗車をしておく。(少しでも高く売れるようにと、プラスこれまでの感謝を込めて)
  • 事前に写真を撮っておく。(記念として)
  • 前回同様に査定中などに各社に個別に呼ばれて、「いくらなら売ってくれますか?」とか「希望価格はいくらですか?」とか聞かれるので、事前に調べておいた相場よりかなり高い価格(150万円)を言っておきました。もちろん無理なのは承知の上ですが、それなりの価格を言っても得する事はないので。各社の反応は様々でしたが、お互い探り合ってるのは明白なのでね。今回は、前回みたいに語気を強めてくる人はいなかったです。
  • 今回は、車購入ではなく、単に売却するだけだったので下取りした場合との差は不明です。ただ、めんどくささはあるが一括査定による買い取り業者への売却のほうが金額がいいのは確かなように思うが事前に大体の相場を調べたりして準備し、当日は強い気持ちを持って挑む事が大事だと思う。個人的には、押しに弱い人や女性の場合、誰かに付き添ってもらうほうがいいかと思う。
  • 一応、事前に当日査定に来る買い取り業者の事は調べてはおりましたが、私の場合、当日に車を引き渡し、入金は後日になるので売買契約書はあるとはいえ、やや不安ではあった。実際は数日後、約束通りの金額が振り込まれた。
  • 〇〇ポスさんは、入金完了後と名義変更完了後にそれぞれお知らせが来たので、安心した。

 

    

 

 

車売却 デュアリス編

この記事は、2017年(平成29年)1月の出来事です。

 

現在の相場とはかけ離れていますので、そのあたりを考慮して下さい。

 

次の車の契約時、購入先で下取り査定をお願いしたところ、満足できる価格ではなかった(下取り価格42万円)ので、人生で初めて買い取り業者への売却をした。その事を備忘録として残します。

 

売却した車の詳細

  • 日産 デュアリス
  • グレード 20G(FF)
  • 色 ブラック
  • 2008年式(平成20年)(2月)
  • 付属オプション ナビ・ETC
  • 売却時走行距離 50xxx km
  • 修復歴無し
  • 内装 年式よりやや綺麗
  • 外装 フロントバンパーにある小キズ以外は、綺麗
  • 車検 2017年(平成29年)2月
  • 履歴 2008年(平成20年)に新車で購入

 

売却時期

  • 2017年1月(平成29年)

 

売却理由

  • 9年目の車検が近づいてきている
  • タイヤ(4本共)交換とバッテリー交換の時期である
  • 上記理由があったので、中古車を買った

 

売却方法

  • 車売却一括査定サイトを通じて、同日同時刻に5社を自宅に呼んで、一番高い会社に即日引き渡し

 

売却価格の算出方法

  • まず、査定に来て頂いた5社の担当者(各社1名ずつ)が車の状態と書類の確認をして、会社に電話して買い取り価格を決め、各々が名刺の裏に金額を書いて、一斉に出す。そこで一番高い金額を提示した会社に売却する方法(この方法は買い取り業者から提示されました。他に、5社による即席のオークションをする方法も提示されました)

 

結果


f:id:incident4:20191109140319j:image


f:id:incident4:20191109140335j:image

  1. 〇〇チャンジさん  680,000円
  2. 〇〇ポスさん    620,000円
  3. 〇〇TEさん           616,000円
  4. 〇〇lliverさん             600,000円
  5. 〇〇USTさん        570,000円

番外  下取り査定                420,000円

 

⚪️⚪️チェンジさんと売買契約書をかわし、売却しました。但し、手数料30,000円がかかりましたので、入金は650,000円でした。後日振り込みでした。



f:id:incident4:20191109140743j:image

総括

  • 開始から終了まで3時間弱かかりました。一番時間がかかったのは、大手買い取り会社は本部へ連絡して買い取り価格が決まる仕組みのようで、本部からの回答に時間がかかるようでした。
  • 買い取り業者の担当者どうしは顔見知りの場合も多いようです。
  • 当日に引き渡す場合、書類・入金口座・印鑑を準備しておく。私の場合、引っ越し後に車検証の住所変更をしていなかったので住民票も準備しておきました。
  • 車内の私物はすべて事前に回収しておく。
  • 入念に洗車をしておく。(少しでも高く売れるようにと、プラスこれまでの感謝を込めて)
  • 今まで乗ってきた車の写真があんまり無くて、ちょっと後悔していたので、事前に写真を撮っておく。
  • 査定中などに各社に個別に呼ばれて、「いくらなら売ってくれますか?」とか「希望価格はいくらですか?」とか聞かれるので、事前に調べておいた相場よりかなり高い価格(90万円)を言っておきました。もちろん無理なのは承知の上ですが、それなりの価格を言っても得する事はないので。各社の反応は様々でしたが、お互い探り合ってるのは明白なのでね。そんな中、1社の担当者だけ「相場を知っていますか?」「あなたねー」と語気を強めて、半ば怒ってるともとれる言い方をしてきたので、「あなたに売る必要は無いので帰ってくれていいです」とこちらも強めに反撃したら冷静になったようで謝罪してきました。私が男だからいいけど女性やったら怖い思いをしていたんじゃないかなと思いますが、これがこの方の作戦なのか、単にイラッとしていたのかは不明です。
  • 売買契約書作成時に急に仕入手数料の3万円を言われた。後出しじゃんけんとも感じたが、それを考慮しても他社以上の入金額になるので、抗議はしなかった。
  • 下取りのほうが楽ですが、23万円の差が出た事を考えると、めんどくささはあるが一括査定による買い取り業者への売却のほうが良い。但し、事前に大体の相場を調べたりして準備したり、当日は強い気持ちを持って挑む事が大事だと思う。個人的には、押しに弱い人や女性の場合、誰かに付き添ってもらうほうがいいかと感じた。
  • 一応、事前に当日査定に来る買い取り業者の事は調べてはおりましたが、私の場合、当日に車を引き渡し、入金は後日になるので売買契約書はあるとはいえ、やや不安ではあった。実際は数日後、約束通りの金額が振り込まれた。

    

 

 

住宅メンテナンス記録③ 害虫忌避(きひ)剤散布

住宅メンテナンス記録③ 害虫忌避剤散布

 

2019年11月初旬 家の周りに忌避剤を散布した。まあ、これから気温が低くなるので、次回は春になるかな?と思っています。ちなみに使った薬剤はこちら。


f:id:incident4:20191105160314j:image

小さな家なんで、家の周囲をぐるっと撒いて使いきりました。いつも思うけど、効果の検証のしようがないですが、やらないよりはいいかと思いますし、虫嫌いの妻の為にも散布しておきました。

 

関係ないですが9月から10月ぐらいにかけて、カメムシがよく壁にとまってました。洗濯物の取り入れの時だけ注意しなければと思った。また、まれに蜂が飛んでいたのが気になりました。バルコニーに虫除けネットでも付けようかなと思っていたら、ここ1週間程で急に寒くなり、あんまり虫を見なくなった。虫除けネットは来年に考えてみようかな。

災害備忘録 2019年10月 台風19号

災害備忘録  2019年10月  台風19号

 

  • 最低気圧:915hpa
  • 最大風速:55m/s
  • 上陸地点:静岡県伊豆半島
  •  台風の日本付近での進路

f:id:incident4:20191014213045j:image

  • 基本的には雨台風だったようだ。多くの河川で氾濫や堤防の決壊がおこってしまった。特に、千曲川阿武隈川の堤防決壊による浸水被害が報道されていた。また、武蔵小杉のタワーマンションにおいて、近隣にある川から逆流した水が地下に流れ込み配電盤が使えなくなり、停電や断水でエレベータやトイレが使えない事の報道も多くされていた。

 

  • 関西地区在住なので、大きな被害は無かったです。私の周囲に限れば、JR・私鉄では、計画運休・一部運休や間引き運転が実施されました。バスはダイヤ通りに運行されていました。当日は土曜日でしたが出勤でした。私自身は、ダイヤの乱れに合う事なかったです。自宅は、自転車をフェンスにくくりつけたのと、バルコニーの物干し竿を室内に直した。

 

  • 私自身も、一級河川から数百メートルの距離にある一戸建てに居住していますので、他人事には思えなかった。

 

タオルの匂いと洗剤・洗濯機

タオルの匂いと洗剤・洗濯機のお話

 

最近、タオルが匂う。使用済みのタオルならともかく、洗濯後でもたまに匂う事がある。でも、毎回ではない。

 

いろいろ調べると原因は『菌』だそうです。

 

我が家の洗濯・乾燥の条件

  • 洗濯機は日本製で縦型洗濯機
  • 乾燥機能は無し
  • 雨の日以外、基本外干し(日が沈むまでに乾いてなくても取り込み、その後部屋干し)
  • バルコニーは南南西向きのインナーバルコニー(直射日光はそんなに当たりません)
  • ガス浴室乾燥機(カワック)は、雨の日のみ使用

 

想定される要因

  • タオル自体
  • 干す環境
  • 洗濯槽

 

私が行った対策

  • 漂白剤を使ってみる
  • 浴室乾燥機を使って乾燥させる
  • 洗濯槽を洗浄する
  • タオルを高温漬け置き殺菌

 

結果

  • 漂白剤を使い、外干しした場合、匂う時と匂わない時がある。たぶんタオル自体+洗濯槽に菌があるから?
  • 浴室乾燥機を使って、完全乾燥させた場合、漂白剤の使用の有無に関わらず匂わない。やっぱり、高温でカラッと乾燥できると匂わないが、ガス代を考えると毎回使えない。
  • 洗濯槽洗剤を使い、洗濯槽を除菌した後に、漂白剤+外干しの組み合わせでやると、ほぼ匂わなかった。
  • タオル自体を高温漬け置き殺菌処理し、漂白剤+外干しの組み合わせでやると、全く匂わなかった

 

 

今後のやり方

  • 理想は毎回、浴室乾燥機を使う事が『菌』対策には有効だが、ガス代も高くなりそうなので避けたい。なので、定期的な槽洗浄・タオル自体の高温漬け置き殺菌を実施し、普段は洗濯洗剤+漂白剤の使用でやっていきたいと思う。ちなみに使用した洗剤はこちら


f:id:incident4:20191021135228j:image


f:id:incident4:20191021135241j:image

次回の洗濯槽洗浄への覚書

  • 洗濯槽洗浄は2019年10月中旬に実施
  • 洗濯機の設定は槽洗浄モード(今回は3時間モードを使用)
  • 洗濯槽モードは、3時間モードと11時間モードがあるので注意(デフォルトは11時間モードになっているので変更する)
  • 水は、槽から溢れるぐらい入っているが、そんなもんみたい。
  • 以下、設定と水量を写真で記録


f:id:incident4:20191021143247j:image


f:id:incident4:20191021143300j:image

 

 

 

 

クレジットカード② 家族カード

家族カードのお話

 

2019年10月より消費税が8%から10%に引き上げ(軽減税率で食料品等は8%のまま据え置き)に伴い、キャッシュレス決済でのポイント還元制度が開始された。期間限定の施策となり、2019年10月1日から9カ月間が対象となる。

 

妻が、現金主義なんで、妻担当の食費や日用品費、外食費は現金で払っていました。でも、将来的に現金払いがどんどん縮小していくのは確実のように思い、当初は⚪️⚪️payで支払う予定でしたが、まだまだ対応していないお店も多くて不便になり、クレジットカードの家族カードを発行する運びとなった。

 

10月中旬にWebサイトにて家族カードを申し込み、30分後ぐらいには、手続き完了のメールが来ました。

 

手続き完了メールから4日後、カードが自宅に届き、妻に署名してもらい、完了しました。

家計簿2019年9月

2019年9月の家計簿

 

私の家計簿のつけ方

  • 予算は設定せず、実績で記入しています。
  • 妻の収入と妻負担の支出は不明です。私(夫)の担当項目 のみ記入しています。

家計に与える外部要因

  • 2019年10月1日より、消費税が8%から10%に変更されました。(一部、軽減税率で8%のまま+期間限定のポイント還元制度スタート)

今月の総括

  • 今月は、臨時出費がいくつかありました。私のおこずかい(飲食)も先月より多少増加しました。真夏が終わったので電気代は安くなりました。他の項目は大きく変動せずに、私の担当項目は黒字を維持できました。おそらく妻の収入と支出を考慮したとしても、世帯として赤字になっていないはず(たぶん)。

f:id:incident4:20191018131747j:plain

 

 前提条件

家族

・夫(私)

・妻

 

就業状態

・私(夫)正社員

・妻            パート(扶養範囲外)

 

・関西地方の郊外一戸建て(駐車場あり)

・住宅ローンあり(変動金利

 

 車

・軽自動車(妻の通勤手段)

 

収入

・財布が夫婦で別なので妻の収入は不明。

・通勤費は半年払いだが、月払いとして計上

太陽光発電の売電

 

支出

・食費、日用品費、外食費

→35000円を妻に渡し、足りない分は妻が負担

・妻自身の生命保険、個人年金国民年金スマホ代、ガソリン代

→妻負担

・火災保険(10年分)、地震保険(5年分)

→それぞれ一括払い済みですが、月払いとして計上

・固定資産税

→年払いですが、月払いとして計上

自動車税

→年払いですが、月払いとして計上

・お小遣い

→それぞれの給料から負担

 

貯金

・先取り貯金

→将来の備えとする

・残り貯金と積立

→車関係(購入費・車検・整備)、大型家電、家の修繕費にあてる予定

阪急バス運賃 考察

阪急バス運賃のお話

 

マイホームを購入して以降、通勤に阪急バスとJRを利用している。

 

今回は特に阪急バスに焦点をあててみる。具体的に言うと、通勤定期券を買うか、PiTaPa利用額割引を使うか、PiTaPa登録型割引を使うかである。各割引の利用条件は、リンクをご参照下さい。

www.hankyubus.co.jp

 

私の阪急バス利用の前提条件

区間運賃240円(往復で480円/日)

・2019年10月以降の消費税10%で計算

・1ヶ月で通勤するのは20日

・大人運賃で通勤で利用

・通勤以外の利用はほぼ無し

・他の区間での利用や、相互利用も無し

 

上記の前提条件に限り、PiTaPa利用額割引が一番お得となった。

f:id:incident4:20191018123014j:plain

 

もちろん、私の利用条件での結果なので、人によっては、通常の通勤定期券や登録型割引がお得になる場合も多々あるかと思われます😃

  

マイホーム購入⑲ タイムスケジュール

タイムスケジュールのお話

 

私達の場合、下記のような前提条件で、下記のようなタイムスケジュールで流れていきました。

 

  • 前提条件

・購入物件は建売(太陽光発電付き)

・購入先は、地元密着の建設会社(工務店)からの直接購入(仲介業者は挟まず)

・契約、引き渡しは2019年

・住宅引き渡し時期の消費税は8%

・住宅ローン先は、地銀で変動金利

・現地を自主確認した日を起算日としたタイ ムスケジュールを記載

 

 

  • タイムスケジュール

000日       現地を自主確認

029日後   内覧

043日後   価格交渉

                       内覧2回目

                       購入申し込み

                       住宅ローン事前審査申込み(3行に申し込み、全て後日OKと建設会社経由で連絡有り)

050日後   重要事項説明

                        契約

                        手付金支払い

056日後   住宅ローン本申込み

                       団体信用生命保険申込み

                       表題登記委任

                       太陽光発電関係委任

066日後   住宅ローン本申込みを銀行が受理(記入から日数があいているのは大型連休があった為)

                       住宅ローン在籍確認電話

069日後   住宅ローン本申込みOKの電話

071日後   施主検査

072日後   住宅ローン用口座開設手続き

092日後   引っ越し見積り・業者決定

102日後   金銭消費貸借契約

                       決済

        電気使用開始

106日後 引き渡し

      施主検査修正箇所確認

      ガス開栓

113日後 カーテン採寸

      ネット宅内工事

      テレビアンテナ取り付け工事

126日後 エアコン取り付け工事

132日後 不用品買い取り業者に不用品売却

133日後 引っ越し

      ネット屋外工事

134日後 賃貸マンションガス閉栓

      カーテン取り付け

140日後 登記簿到着

144日後    電力メーターをスマートメーターへ交換

147日後 賃貸マンション退去立ち合い

         賃貸マンション電気停止

154日後    太陽光発電連系(売電)開始

157日後 国土交通省より不動産取引アンケート用紙が届く

164日後   アンケート投函

 

これ以外にも、些細な事があったり、いろいろ揃える物を用意したり、買ったりする事がありました。毎週末はマイホーム購入関係で動いていました。

 

あと1記事『マイホーム購入⑳ 住宅ローン減税』を来年に書いたら、私のマイホーム購入記は完成です。

車メンテナンス記録① オイル交換

車メンテナンス記録①   オイル交換のお話

 

2019年10月初旬、オイル交換とオイルフィルター交換を実施。オートバックスさんで実施。

 

  • 走行距離12400km
  • オイル AQ. AVANTE  0Wー20
  • 価格 4000円弱

 

主に妻が通勤で使用している軽自動車です。飛ばしもしないので高性能なオイルは必要無いです。来年の今頃には5年目の車検+タイヤ交換+バッテリー交換なんで、乗り換えも検討しています。

 

平日だったんですが、50分程待ち時間がありました。店内にアプリで時間を予約できる案内を貼っていたので、次回は利用してみるのもありかな。

マイホーム購入⑱ 不動産取引アンケート

不動産取引アンケートのお話

 

引っ越し後、しばらくして国土交通省より不動産取引アンケートが届いた。私達に届いた時期はネットでの回答が出来ず(Webサイト改修中だったかな?)郵送で回答しました。まあ、強制ではないですが、とりあえず書いて出しました。

 

記入例が同封されていましたので、苦労せずに書けました。

住宅メンテナンス記録② 殺虫剤散布

住宅メンテナンス記録②  殺虫剤散布のお話

 

2019年10月初旬、玄関・洗面所・シューズインクローゼットで1個、1階トイレ・階段・2階トイレ・ホールで1個を置き実施。全ての換気扇も止めて、5時間後に換気し、掃除機とクイックルワイパーで掃除。特に、死骸とかは無かったです。

 

今回、使ったのはこちら(6~8畳用を2個使用)


f:id:incident4:20191007212431j:image

 

入居前に、居室は全て実施しましたが、今回やった場所はやって無かったので、やりました。引っ越ししてからゴッキーにはまだ遭遇したこと無いですが念のため。ただ、家の場所が、やや山に近く、横は田んぼなので小さい虫や蜘蛛はいますが、それは仕方ないです。

団体信用生命保険

団体信用生命保険のお話

 

2019年9月に住宅ローンをお願いしている銀行さんより手紙が届いた。


内容としては、団体信用生命保険の引き受け保険会社の変更と保障内容の変更だった。変わる事があるとは知らなかったです。


f:id:incident4:20190922204334j:image

まだ、返済始めて数ヶ月なんですけど…。

ぱっと見た感じでは、変更前より変更後のほうが、私達にとっていいのでは?と思ったりしたのですが…。よくわかりません🤷‍♂️

 

 

住宅メンテナンス記録① 給湯器

住宅メンテナンス記録①   給湯器設置後点検

 

2019年9月初旬に、給湯器設置後点検(無料)が実施された。実施は建設会社のライフライン関係の協力会社である。

 

内容としては、屋外エコジョーズの点検、給湯・浴室乾燥・床暖房の動作状況確認であった。結果は問題無し。検査結果にサインして印字された控えを頂いた。給湯器の有料点検の案内も受けて終了。時間は30分程度でした。

クレジットカード①

ご利用限度額のお話

 

2019年9月にJCBよりハガキが届き、”親展“の記載があったのでドキドキしながら内容を確認すると利用限度額の増額であった。もちろんこちらから申し込んでいないので、JCB側の判断のようです。


f:id:incident4:20190919124318j:image


f:id:incident4:20190919124340j:image


f:id:incident4:20190919124351j:image

 

昨年より、基本的に現金払いからクレジットカード払いに移行しており、1年後ぐらいに今回の変更がきました。どういう基準で変更されるのか全くわからない🤷‍♂️